うつ病のわたしからあなたへ 心レター

うつ病の療養から見えてきたこと、心の病を抱える方やご家族に役立つ情報をシェアしていきたいと思います。特に、精神疾患での労災について、詳しく説明します。

うつ病 主治医からの一言

こんにちは、あやです。

かなり久しぶりの更新になってしまいました。

年末ごろから何だか体調が思わしくなく、

最近になってようやく少し安定してきました。

皆さんも体調管理が難しい季節だと思います。

無理せずに、ゆっくり過ごしてくださいね。

 

さて、今日は主治医から言われたことについて書こうと思います。

現在の病院は、入院をきっかけに、前に通っていた

クリニックから転院したところです。

ザ・精神科という感じの病院で、いろんな患者さんが入院・通院しています。

現在の主治医には、入院したときからお世話になっています。

 

これまでその主治医からは、行動活性化という観点から、

「活動量を減らさないように」とアドバイスを受けていました。

診察のときに話すのは、主に体調・病状についてで、

カウンセリングのように込み入った話はしていません。

 

私が「こんなことがあって疲れた」と言うと、

どんな疲れかは、いつも気にされていました。

ヘトヘト? それとも充実したいい疲れ? などは

わりと頻繁にきかれることでした。

その中でわかってきたのは、私は主体性を奪われると

すごく消耗するということです。

誰かにつき合わされるような時間を過ごしたり、

興味のない話を長く聞かされたりすると、とても疲れます。

 

そして、前回の受診のとき、主治医が

「気ままに過ごすのが一番です」とアドバイスを変えたのです。

ひょっとしたら、カウンセラーさんと情報交換したのかもしれませんが、

これまでは「活動量を減らさないように」と言われていたので、

ちょっとびっくりしました。

 

それから、なぜか気分が軽くなったことに気づきました。

これまでも、同居している元パートナーから

同じことを言われたこともありました。

でも、やっぱり主治医の言葉は重かったようです。

 

眠いと感じたときに、横になって休むのにも、

罪悪感がなくなりました。

これまでは、横になって休んだ日は

「ああ、今日も1日起きていられなかった」と

がっかりした気持ちがありました。

それがなくなったのです。

かなり大きな変化だと思います。

 

私は生活の中に決まりごとを作りやすい傾向があって、

規則正しいのはいいのですが、

ともすると日課というよりノルマのようになりがちです。

それを「気ままに過ごしていい」と主治医から言われたことで、

自分の中の規則をゆるめやすくなりました。

ゆるめても、罪悪感がないというのは、

毎日の生活にとって、すごくいいことだと感じます。

 

うつ病とのつき合いも、かなり長くなってきたので、

これをきっかけに良い方向に進むといいなと思っています。

 

皆さんも、決して無理せずに、できるだけ好きなことをして

過ごしてくださいね。

 


うつ病ランキング

うつ病 オンラインカウンセリングという選択肢

こんにちは、あやです。

これが今年最初の記事ですね。

今年もよろしくお願いします。

 

さて、以前カウンセリングについての記事を書きました。

kokoroletters.hatenablog.com

カウンセラーの選び方について書いたこの記事は、

一時期けっこう読まれていたみたいです。

 

このときは、対面のカウンセリングを想定して書きましたが、

先日地方の友達と話していて、

オンラインカウンセリングというのも視野に入れるといいかなと

感じました。

 

というのも、私は東京に住んでいるので、

都内にたくさんカウンセリングを受けられる場所がありますが、

地方に住んでいると、選択肢がかなり限られることに

気づいたからです。

 

選択肢があまりないと、今かかっているカウンセラーさんと

ちょっと合わないかなと感じても、

なかなかじゃあ別のところでというわけにいかないのではと思います。

 

今ではコロナの影響で、本来対面に限ってカウンセリングをしていた

カウンセラーさんが、オンラインでのセッションを

導入していることも多くなってきました。

ZOOMなどで顔を見ながらお話できるので、

対面に近い形でセッションを受けることができます。

 

東京や大阪などに住んでいる方でも、

他のカウンセラーさんを探すときに、

オンラインも選択肢に入れて、

全国から探すことができます。

 

ただデメリットは、家でセッションを受けるという点です。

家族と住んでいる場合、気になってしまうかもしれません。

また、本来はカウンセリングルームに通うことで、

日常と切り離された状態でセッションを受けることに

ひとつの意味がありますので、

家からオンラインで受けるとなると、

この意味が薄まってしまう可能性があります。

もし可能であれば、時間貸しレンタルオフィスや、

市民センターなどの1室を借りてカウンセリングを受けると

ルームに通うのと同じような効果が得られるかもしれません。

 

「オンラインカウンセリング」で検索すると、

ポータルサイトのようなものが上位に出てきて、

なかなか選べないこともあると思います。

そこで、参考までに、私のおすすめの先生を紹介しますね。

アフィリエイトじゃないので安心してください!)

 

まずは、福田美穂先生。

www.therapy-will.jp

私のボイストレーニングの先生でもあります。

とても熱心に勉強されていて、

セッションの質もとても高いです。

心の症状のほか、体の症状を改善するのも得意とされています。

 

次に、向後善之先生。

heartc.com

先に紹介した福田先生の師匠です。

電話のほかに、スカイプを使ったオンラインカウンセリングも

提供しておられます。

とても経験豊富な方で、安心してお話できますよ。

 

パッと検索しただけではなかなか出てこないかもしれませんが、

ポータルサイト以外でも、こうした優れた先生はたくさんいます。

ぜひご自身に合ったカウンセラーさんを見つけてくださいね。

 


うつ病ランキング