うつ病のわたしからあなたへ 心レター

うつ病の療養から見えてきたこと、心の病を抱える方やご家族に役立つ情報をシェアしていきたいと思います。当事者として悩みに寄り添うメールサービス「心レター」(有料)を近日中に始める予定です。

うつ病労災再審査請求 勝ちました!

こんにちは、あやです。

前回の更新からすごく時間がたってしまい、

とうとう広告が表示されるようになってしまいました💦

 

報告が遅れてしまいましたが、

再審査請求で取消を勝ち取りました!!

取消というのは、「原処分の取消」ということで、

もともと労基署が下した判定が誤りであるとし、

こちらの主張を認めたということになります。

裁判で言えば、勝訴ですね。ついにやりました!!

 

結果は、再審査請求を担当する

厚生労働省の労働保険審査会から簡易書留で届きました。

3月31日のことでした。

ずいぶん日がたった今でも、書留を受けとったときの

ドキドキは忘れられません。

祈るような気持ちで封を切ると、中には送付状と

「裁決書」の写しが入っていました。

原本は、弁護士さんのところに送られます。

 

いざ!と内容を見ると、「主文」にこうありました。

池袋労働基準監督署長が平成30年2月16日付でで再審査請求人に対してした労働者災害補償保険法による休業補償給付に関する処分のうち、平成28年1月1日から平成29年5月31日までの期間の請求に対して不支給とした部分を取り消す。

わーい!と喜んでいいのか、ちょっと戸惑いました。

なにせ、これまで審査請求でも辛酸をなめてきた私です。

本当に、こっちの主張が認められたの?と全文に目を通しました。

 

「事実及び理由」に詳細が書いてあります。

本件の概要と、こちらの主張の要旨、原処分庁の見解、争点、

今回の裁定の理由と、審査会の判断の詳細、そして別紙に参照した資料が

羅列されています。

 

これまでに何度も書いてきましたが、

私の案件は「うつ病が途中で治った」とされて

寛解の有無が争点になるという、

精神障害の労災において極めてまれなケースです。

そのため、今回の裁定は、今後の労災実務においても

大きな意味を持ちます。

審査会もそこをわかっていたのでしょうか、

労災におけるうつ病寛解についての判断理由が

詳細に書かれていました。

 

この詳細部分を書くのが億劫で、今日までブログを更新できませんでした。

詳細は後日きちんと説明するとして、今日はとにかく結果の報告をさせていただきます。

 

裁定が出てからも、なんだかんだと心配なことがあったのですが、

とりあえず当初労災申請した平成29年5月31日までの休業補償で、

一部不支給になったいた分は、5月に振り込まれました。

金額は400万円を超えます。

これが、労災で休業補償を受ける意味なんです。

 

いろいろと書きたいこと、皆さんにお知らせしたいこと、

自分の思いなどはありますが、今日はここまでにさせてください。

見守ってくださった皆さん、ありがとうございました!

まだ手続きは続いているので、そのあたりも共有したいと思いますので、

気長にお待ちください。


うつ病ランキング

うつ病労災再審査請求 もうすぐ結果が出ます

こんにちは、あやです。

労災の再審査請求審査会の様子をレポートしてから、

ずいぶん日がたってしまいました。

現在、コロナウイルスが大きな騒動になっていますが、

皆さんは大丈夫でしょうか?

お仕事をされている方は、通勤などに不安があると思います。

こんなときは、療養中で幸いだったと感じます。

私は特に何を自粛するでもなく、普段通りに生活しています。

 

さて、審査会の結果を待つ今日この頃、それが一番のストレスになっています。

3月半ばごろに、弁護士さんが審査会に進捗を確認したところ、

通常より結果の取りまとめが遅れていて、早ければ3月中、

遅ければ4月以降に結果通知が来るとのことでした。

 

審査会のあと、年末に弁護士さんが追加の意見書を作成してくれました。

審査員長からの指示通り、争点となっている平成27年末に、

うつ病がまだ治っていなかったことをわかりやすく示す内容です。

カルテと日記、手帳の記述を対照表にして照らし合わせたものも作ってくれました。

それを年明けに、さっそく審査会のほうに提出してもらっています。

 

1月ごろだったと思いますが、審査請求と同じように

作成された調書の写しを開示するように要求しました。

内容は、審査会当日の議事録です。

そこで、最後に審査員長が「え~、むにゃむにゃ」と言った内容を確認すると、

平成27年12月31日では、まだ治療が必要で、かつ休業も必要であったというような事情について診療録、日記、手帳、これらを総合、分析、検討されて意見書を出すようなことも考慮していただければ、こちらはそれを十分参考にしたいと思っています。(中略)具体的に、これこれの事情があるから療養が必要で、かつ休業も必要であったというところですね。

と、このようにまとめられていました。

 

診療録とは、カルテのことです。

え~、こちらの出した日記や手帳を分析、検討するのが、

労働局の仕事だったんじゃないの~?と思いますけどね。

 

要は「めちゃくちゃわかりやすい資料を作って」と、こちらに投げてきたわけですね。

それはそっちの仕事~!と腹が立つ面もありますが、

あっちに任せていたんじゃらちがあかないので、

逆に投げてくれてよかったのかもしれません。

 

ただ、どういう結果になっているのか、現時点ではわかりません。

早く結論が知りたい!そしてこちらの勝ちであってほしい!

願いはそれだけです。

 

結果が出たら、必ず皆さんに報告します。

もう少し待っていてください! 

 


うつ病ランキング