うつ病のわたしからあなたへ 心レター

うつ病の療養から見えてきたこと、心の病を抱える方やご家族に役立つ情報をシェアしていきたいと思います。当事者として悩みに寄り添うメールサービス「心レター」(有料)を近日中に始める予定です。

大きな前進と小さな不安

こんにちは。あやです。

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

皆さん、インフルエンザなどにかかっていませんか?

わたしは風邪もひかずに、現状なりに元気にしています。

 

更新が滞ったのは、11月から年末にかけて、

わたしにしてはいろんな予定が入ったからです。

歯の詰め物がとれて、歯医者に通うことになったり、

友人と会ったり。

 

その中で一番大きなチャレンジは、名古屋に行ったことでした。

友人の集まりに参加するために、前日に名古屋に行って、

ホテルに一泊しました。

 

今までのブログを読んでくださった方は、

「そんな一足飛びに行動して大丈夫?」と思われたかもしれません。

でも、きっかけは、10月に友人と会ったことです。

昼間だけだと時間があっという間に過ぎてしまうから、

一緒に晩ごはんを食べようということになっていました。

もちろん、途中で疲れてしまったら帰るかもということは、

承知してもらっていました。

 

でも、実際は楽しくて、夜遅くまで外にいることになりました。

療養を始めてから、夜遅くまで外にいるなんて、初めてのことでした。

そして、翌日も予定があったので、外出しました。

少し疲れていたけど、キャンセルせずに外出できたんです。

 

これは、とても大きな収穫でした。

だから、12月に名古屋で友達が集まると聞いたときに、

行けるかも?と思ったんです。

夜遅くまで外にいられるなら、新幹線にも1時間45分乗っていられるんじゃない?

日帰りだと疲れるから、前日から泊まればいいんじゃない?

そう思って、集まりに参加することにしました。

 

名古屋に行くのは初めてだったので、全く土地鑑がありませんでしたが、

迷いながらも何とかホテルに行くことができました。

前乗りしてゆっくりしたのが正解で、翌日も楽しく過ごして、

東京まで戻ってこられました。

こんなことができるなんて、自分でもびっくりです!

 

とても楽しみな予定なら、遠くまで行ける。

これは大きな前進でした。

療養5年目にして、わたしもやっと「遊べる」ようになってきました。

うつ病になって以来、故郷の大阪に帰っていないので、

今年の目標は大阪に行くことです。

体調管理をしっかりして、無理のない計画を立てて、ぜひ実現させたいです。

 

そんな中で、小さな不安が生まれました。

去年の夏か秋ごろから、横になるとお尻の骨がゴリゴリするんです。

なぜかなと思いながらも、さほど気にせずにきたんですが、

12月ごろぐらいから、横になったり座ったりすると、

太ももの裏と内側がぎゅーっと緊張して、しびれるようになりました。

脚が疲れてるのかなあと思っていましたが、先日マッサージに行ったときに

セラピストさんに相談すると、神経が関係しているのでは?と言われました。

マッサージを受けても、やはり改善しません。

 

そこで、ネットで調べてみると、確かに末梢神経が関係しているようでした。

もしかしたら、坐骨神経痛かも?

だとしたら、面倒なことになったなあ~というのが、正直な感想です。

放置して悪くなったら、ますます面倒なので、近々病院に行こうと思います。

 

というわけで、年末年始は大きな前進と小さな不安がありました。

今年はどんな年になるのか……、少なくとも春ごろに労災の審査請求の結果が

出るので、それによってわたしの今後の生活が大きく左右されそうです。

通れば安心して療養できますが、通らなかった場合、そろそろお金の心配が

出てきます。裁判を起こすことになるのか、それとももう諦めて、

何らかの方法で収入を得ることを考えていくのか……。

まだわかりませんが、今年も実り多い年にしたいです。

皆さんにとっても良い1年でありますように!


うつ病ランキング

11月のメンタル不調対策

こんにちは。あやです。

昨日、通院日で精神科に行ったのですが、

いつもより初診の患者さんが多かったです。

この季節、メンタルに不調をきたす方が多いのかなと思い、

そのことについて書いてみようと思います。

 

今私が通院しているのは、大きめの精神科病院です。

昨年の入院をきっかけに、町のクリニックからこの病院に転院しました。

入院する病棟のほかに、デイケアの施設もある、精神病専門の病院です。

普段は、私と同じように、退院した方が引き続き外来にも通っている感じなのですが、

昨日は珍しく「初診なんですが」と受付にいらっしゃる方が数名おられました。

 

私が入院したのも去年の11月ですし、この時期はメンタルに問題を抱える人にとって

過ごしにくい時期なのかもしれません。

日照時間も短くなりますし、気温も低くなり、気分が落ち込みやすくなりますね。

それに、季節の変わり目は、新しい季節に慣れようと体ががんばっている時期でもあります。

だから、知らず知らずのうちに、エネルギーを消耗します。

そのことを意識せずに、普段通り暮らしていると、どうしてもエネルギーを使いすぎてしまいます。

 

なので、なるべく意識して服装に注意することは、とても大事です。

ちょっと暑いかなと思っても、暖かい上着を着ること。

特に首を冷やすと全身が冷えやすくなるので、スカーフやマフラーでガードすること。

部屋の中でも、暖かい服装をすること。

 

これを心がけるだけで、身体的ストレスを減らすことができます。

反対に、2年ほど前に私はこれに失敗して、体調を悪化させたことがあります。

愛犬の散歩の時「寒いな」と感じながら、積極的に対策をとらなかったのです。

それに懲りて、外に出る時は「寒い」と感じないような服装を選ぶようにしています。

こうして注意して以降は、寒さのせいで症状が後退することはなくなりました。

 

なんだか最近調子が落ちていると思う方、今一度室温や服装を見直してみてください。

薄ら寒いのを我慢していませんか?

温かくして過ごしてくださいね。


うつ病ランキング